■モバイルWIFIルーターで速度制限なし、使い放題のサービス一覧

 

 

モバイルWIFIのルーターで速度制限なし、また使い放題のサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

WIFIルーターは家の外でもネット通信できるという点で便利ですよね。
ですが、速度や使い方の点で不安がある方もいるでしょう。

 

 

それでは、モバイルWIFIのルーターで、
速度制限や使用量に制限がないものを見てみることにしましょう。
以下の通りとなっています。

 

 

・WIMAXのモバイルWIFIルーター
・LTEのぷららモバイル
・Y! mobileのLTEルーター

 

 

まず挙げられるのは、WIMAXのモバイルWIFIルーター。
こちらは、最近ではWIMAX2となって、さらに通信速度が速くなりました。

 

 

モバイルルーターを利用するときにはやはり、
通信速度が一番気になりますよね。

 

 

他のものとしては、LTEのモバイルWIFIルーターがあります。
無制限で使えるものはLTEのぷららモバイルや、
Y! mobileのLTEのプランが月額も安くおすすめですよ。

 

 

■使い放題、無制限、制限なしの表現でWIMAXが炎上した理由

 

使い放題で無制限のプランがあるWIMAXが炎上して、批判が殺到したのはどうしてなのでしょうか。

 

 

 

使い放題のプランだと知られているWIMAXですが、
実は、ある点でユーザーからの猛批判を浴びました。
これは以下の点が理由となっています。

 

 

・裏制限があることがあまり知られていなかった
・三日で3GBを越えると、翌日は700kbpsの通信制限がかかってしまう
・翌日からは元に戻るが、知らなかったユーザーからの批判を浴びた

 

 

実は、WIMAXには裏制限が。
元々、WIMAXには月間使用量7GB以内のプランか、
無制限のプランを選ぶことができました。

 

 

無制限プランにすると、
本当に定額料金で無制限に使うことができるイメージがありますよね。
ですが、これには裏制限もあったのです。

 

 

それが三日で3GBいないというもの。
三日の使用量が3GBを越えると、翌日には700kbpsほどに落ちてしまうのですね。

 

 

その翌日にはまた元の通信量に戻りますが、
一日でも700kbpsの速度になってしまっては、不便で困ります。

 

 

これはユーザーには詳しく説明されなかった制限なので、
知らずに契約してしまったユーザーが怒って炎上してしまったというわけなのです……。

 

 

■速度制限なし、完全に無制限とはいえない

 

WIMAXは速度制限なしとは言うことができないのでしょうか。

 

 

 

・700kbpsは、Youtubeを見るのには問題のない速さである
・パソコンのユーザーにとっては不便に感じる速度となってしまう
・無制限という広告に「騙された」と感じるユーザーが多く問題となった

 

 

三日で3GB以内という制限があることから、WIMAXはユーザーから批判を浴びました。
700kbpsというと、Youtubeを再生することはできますが、やはり、
ネットサーフィンの場合にはページが重いと開けないなどの問題もありますからね。

 

 

パソコンで使っている場合、ダウンロード量が多かった場合などには、
3GBに到達してしまう人も少なくありません。

 

 

ただし、最近では、ユーザーの批判を浴びて、この通信制限が大分緩くなりました。
もちろん、使っているプロバイダにはよりますが、
混んでいない時間帯である日中などは速度制限がそれほどなく、
6~8Mbpsは出るようになっているようです。

 

 

5Mbpsがあれば、ダウンロード量は少なくても、
通常のネットサーフィンや動画再生なら問題がない速度を言えそうですね。

 

 

■例外として速度制限が解除できるキャンペーンをやっているところ(ヤフーWIFI)がある

 

通信速度を解除できる内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

三日で3GBという通信制限があることが分かったWIMAXですが、
通信制限がかかっても、解除できるところもあります。
それはヤフーWIFIと言われるものです。

 

 

こちらについて詳しく見てみることにしましょう。

 

 

・速度制限がかかったら、その場ですぐに追加を申し込むことができる
・速度制限がかかる前(残り200MB)に予約しておくことも可能
・200MBになる前にも、ヤフーWIFIのページで申し込み可能

 

 

速度通信制限がかかっても、
その場ですぐに追加を申し込むことができるのがヤフーWIFIです。

 

 

こちらは、通信制限がかかったら申し込みもできますし、
残り200MBになったら予約をすることもできるのが便利ですね。

 

 

通信速度がかかってしまってからの申し込みであっても、
しばらくたつと通信制限は解除されます。

 

 

残り200MBになる前でも、
ヤフーWIFIのマイページなら事前に通信制限を戻す予約をすることもできますよ。

 

 

制限解除料は無料。
キャンペーン期間中なら、このプランに申し込むと、
Tポイントが5000点プレゼントされるというもの、嬉しい点ですね。
■モバイルルーターの基本。回線の種類はWIMAXとLTE(4G)の2種類

 

回線の種類にはどのようなものがあるの?

 

 

 

回線の種類には主に、WIMAXとLTEと呼ばれるものがあります。
2種類の違いは一体どのような点にあるのでしょうか。
具体的に見てみることにしましょう。

 

 

・LTEは携帯会社が作った制度で、音声電話もスムーズに行うことができる
・WIMAXは音声電話には不便だが、その他は変わらず高速通信
・速度はどちらもそれほど変わりがないが、使用料の面で違いが表れている

 

 

LTEはNTTが作ったWIFIで、音声電話もスムーズに行うことができるのが特徴です。
それに対してWIMAXは、音声電話での利用を主眼に置いてはいません。

 

 

インターネット利用が主眼に置かれているため、
音声電話での利用は少し不便な点がありますね。

 

 

通信速度の面では、WIMAXはLTEよりも遅くなってしまいます。
ですが、WIMAX2 なら大体LTEと同じくらい。

 

 

ユーザー数で比較すると、LTEよりWIMAXの方が少し多いですね。
通信エリアは少しLTEの方が広いようですが、どちらもそれほど変わりがありません。
やはり、大きく違うのは音声電話の点ですね。

 

 

それから、LTEには三日で1GBの制限があります。
WIMAXには三日で3GBの制限。

 

 

使用量の制限がきついのがLTEだと考えていただければ、間違いがないでしょう。
実際、LTEではすぐに速度制限がかかってしまっても、
WIMAXなら問題なしということがよくありますよ。

 

 

■WIMAX2の電波の特徴

 

WIMAX2には一体どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

WIMAX2の特徴について具体的に詳しく見てみることにしましょう。
以下のような点を挙げることができます。

 

 

・WIMAXは、電波の特徴上、壁のある場所ではなかなかつながりにくい
・実際に、屋外と屋内では通信速度が違うことがよくある
・WIMAX2 は場所に適した電波を選ぶことができる

 

 

WIMAX自体は、電波の特徴から壁のある場所では、
なかなかつながりにくいというデメリットがありました。

 

 

スカイプなどで通話をする場合でも、
室内より屋外の方が通信が安定したということがあります。

 

 

実際に、通信速度を測定してみても、
WIMAXの場合は屋内と屋外では通信速度が違いますね。
ですが、WIMAX2の場合にはそうした問題も解決されています。

 

 

やはり、屋内の方が多少通信速度は低くなってしまうようですが、
使えないほどに低くなるということはありません。

 

 

場所に適した電波の回線、周波数を利用することができるので、
WIMAXのときよりもずっと利用に問題はありませんね。

 

 

■WIMAX2はエリア判定で△〜◯の場合、室内でも5M以上でる(経験済み)

 

WIMAX2を実際に使っても、屋内で5Mbps以上出るのでしょうか。

 

 

 

私も実際にWIMAX2を利用していますが、
実際に△〜○のエリア判定の場合では、室内でも5Mbps以上出ます!

 

 

これは、重い写真のダウンロードが多すぎるようなページを除けば、
ネットサーフィンに全く問題がありません。

 

 

・WIMAXは屋内では使いにくかったが、WIMAX2 なら問題ないことが多い
・エリア判定を行い、△〜○の場合なら5Mbps以上出る
・Youtubeなら700kbpsなので、5Mbpsなら問題ない速度

 

 

まとめると、WIMAXは屋内では使いにくかったものの、WIMAX2ならその点は改善。
屋内でも5Mbps以上を使うことができる可能性が高いです!

 

 

Youtubeなら、約700kbpsで使うことができますから、
室内で5Mbps以上あれば動画再生も問題なしということ。
これなら安心して使うこともできますよね!

 

 

■LTEの電波の特徴

 

LTEの電波の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

LTEの電波の特徴についても詳しく見てみることにしましょう!

 

 

・通信できる幅が広いので、データをたくさん送ることができる
・音声電話とデータ通信が同じ回路内にあるため、シンプル
・多くの端末が回線を使っても混雑しない工夫がされている

 

 

LTEの特徴として最もメリットがあるのは、通信できる帯域幅が広いので、
データをたくさん送ることができるというものです。
また、夜中など混みやすい時間でも、あまり混むことがありません。

 

 

それは、端末毎に上手く帯域を割り当てるような工夫がされているから。
多くの回線が使っていても比較的混雑なりにくい仕組みができているのです。

 

 

また、音声電話とデータ通信の切り替えもスムーズで、
音声電話を使っていても問題がありません。

 

 

ただし、こうした使いやすさにつられて使用量が多くなると、
三日で1GBの制限に引っかかって、
速度制限がかかってしまう点だけがデメリットですね……。
■LTEモバイルルーターのメリット、デメリット

 

LTEモバイルルーターのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

・通信速度が速いのが何よりのメリット
・月額利用量が7GBを越えると速度制限がかかってしまう点に注意
・三日で1GBを越えると速度制限がかかってしまう

 

 

LTEモバイルルーターについて見てみることにしましょう。
LTEモバイルルーターのメリットは何より、速いことが挙げられます。

 

 

これは、通信の混みやすい夜中でも、
比較的速度が落ちることがないという特徴がありますね。
安定性が高いです。

 

 

ただし、月額利用量は7GBの制限があるのがデメリット。
大きなダウンロードが続くと、7GBを使いきってしまうこともあるので、
利用料を常に気にしなければいけないのが難点でしょう。

 

 

ただし、これよりもきついのは三日で1GBの使用制限です。
三日で1GBを越える使用量だと、
通信速度が急に落ちてしまうというのは不便ですよね!

 

 

特に、ゲームのダウンロードは危険。
重いゲームでは何と、ダウンロードだけで2GBとなりますから、
一度ダウンロードし他だけで翌日2日間は確実に速度制限がかかってしまうということです。

 

 

■WIMAXモバイルルーターのメリット、デメリット

 

WIMAXモバイルルーターにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

・WIMAXでは屋内で通信速度が落ちるが、WIMAX2なら問題ない
・速度制限なしで利用することができる可能性が高い
・三日で3GBを越えると速度制限がかかってしまう点に注意

 

 

WIMAXのモバイルルーターについても詳しく見てみることにしましょう!
WIMAXのモバイルルーターは、電波の特性から、
屋内では通信速度が下がってしまうのがデメリットでした。

 

 

ですが、現在主流のWIMAX2ならこの点の問題は少なくなっています。
屋内でも5Mbps以上出る可能性が高いので、
普通にネットサーフィンをするくらいなら何の問題もなくインターネットを使うことができます。

 

 

プランですが、ギガ放題というプランにすると、定額料金で使用制限がありません。
ライトユーザーの方ならもちろんこれで安心ですし、
ヘビーユーザーでなければ問題はないでしょう。

 

 

ただし、一つだけ注意しなければいけないのは、裏制限と呼ばれるもの。
確かに月内使用量は限られていませんが、
三日で3GB以内という制限はあるのです!

 

 

これが曲者で、三日で3GBを越えてしまうと、
翌日は速度制限がかかってしまうのですね。

 

 

速度制限は最初は700kbpsほどでしたが、最近ではユーザーの批判を受け入れて、
5Mbpsくらいの通信速度は保っているようです。

 

 

■5Mbpsあればユーチューブは普通に見れる

 

5Mbpsは一体どれくらいの通信速度なのでしょうか。

 

 

 

・Youtubeは700kbpsあれば携帯端末でも見ることができる
・5Mbpsがあれば、パソコンでも使用に問題がない速度となる
・写真など重いファイルのダウンロードでは、時間がかかってしまう可能性も

 

 

Youtubeのような動画再生はとても通信速度が遅いとできないようなイメージがありますよね。
ですが、それは間違い。
実は、Youtubeは700kbpsあれば携帯端末でも簡単に見ることができます。
5Mbpsならパソコン端末を利用して様々な作業をする場合でも、
ほとんどの場合で問題がありません。

 

 

ネットサーフィンくらいなら、50Mbpsとほとんど変わりがないと言われています。
ただし、写真や重いファイルのダウンロードの場合は、
やはり時間がかかってしまいますね。

 

 

使用方法にもよりますが、ヘビーユーザーでなければ問題はないと考えても、
間違ってはいないと思います。

 

 

■オンラインゲームならwifiではなく光回線にすべき

 

オンラインゲームはwifiで行うことができるのでしょうか。

 

 

 

・オンラインゲームをしたいのなら、安定性の強い光回線がおすすめ
・wifiでは通信が安定しない可能性が高いので、ゲームには向かない
・wifiは屋外で使う人、ライトユーザーにおすすめ

 

 

オンラインゲームの場合には、安定した回線であることが大事ですよね!
データのセーブや、仲間とのやり取りが大切になりますからね。

 

 

その場合には、wifiよりも安定性の強い回線の方がお勧めです。
wifiでは通信が安定していないからです。
この場合には光回線を選ぶ方が良いのではないでしょうか。

 

 

光回線は、安定性ではwifiよりずっと性能が良いですよ。
wifiは屋外でネットを使う人やライトユーザー向けなのかもしれませんね。